Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ライスブランオイル(玄米油)は使いやすい!

ぬかの恵みを最大限に利用しているライスブランオイル(玄米油)の

4つ目のメリットとして使いやすさが挙げられます。

一つ目の理由:おいしさ

二つ目の理由:優れた成分

三つ目の理由:安全性

 

酸化しにくいオイルであるために長期間の保管が可能です

 

冷蔵庫にいれる必要がなく常温で保管が可能です。

 

しかも製造日から2年間の賞味期限があります。

f:id:ricebrankato:20170228235505j:plain

 

亜麻仁油エゴマ油の賞味期限は1年程度であるのに対して、

ライスブランオイル(玄米油)は風味も色もかわらず品質は長期に安定しています。

 

Read more

米ぬか入浴剤ですべすべに

米ぬかの入浴剤は人気商品です。

 

米ぬかにはビタミンEγオリザノール(ガンマーオリザノールセラミドなど
保湿力を高める成分が入っているのでお風呂の入浴剤として使えば
お肌がしっとりすべすべになります。

 

米ぬかをお風呂に入れる時は、ガーゼに包んだりお茶パックなどに入れると
効率的に上記の成分を吸収できるでしょう。

f:id:ricebrankato:20170227101832j:plain  f:id:ricebrankato:20170227101833j:plain

 

米ぬかの成分が入った入浴剤も販売されています。

ぜひお試しください。

f:id:ricebrankato:20170227102001j:plain f:id:ricebrankato:20170227102002j:plain

 

 

ライスブランオイルを使用する化粧品

ぬかの恵みを利用したライスブランオイルは食品用だけでなく、

化粧品や浴用剤にも数多く利用されています

f:id:ricebrankato:20170225211242p:plain

 

食用米ぬか油に対して化粧品に使用されるのはコメヌカ油になります。

 

精製度の高い天然オイルで、

医薬部外品の原料にもなります。

 

肌を保護するのに優れたコメヌカ油は

肌をなめらかに整えるビタミンEオリザノールといった有効成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

 

酸化安定性、耐寒性に優れ、高い保湿作用があります。

 

Read more

こめ油(玄米油)の安全性を高める5つの特徴

ぬかの恵みを最大に利用しているのがライスブランオイル(こめ油・玄米油)ですが、
なぜ推奨できるかの3つ目の理由は、
その安全性にあります。

一つ目の理由:おいしさ
二つ目の理由:優れた成分

 


学校給食や大手食品会社が使用するためには安全性、安定性が重要な基準ですが、
ライスブランオイルが昨今多く使用されています。

 

 

ライスブランオイルの安全性を裏付ける特徴として
以下の5つが挙げられます。

  1. アレルギーフリー
    大豆を含めて他の植物ではアレルギー表示が必要なものがありますがライスブランの場合はアレルギーの表示が必要ないです。

  2. NON-GMO(遺伝子非組み換え)
    多くの輸入穀物遺伝子組み換えであるのに対して、我々の身近なお米はNON-GMO(遺伝子非組み換え)です。

  3. グルテンフリー
    昨今小麦グルテンフリーなどがクローズアップされていますが、ライスブランはグルテンフリー食品です。

  4. 添加物フリー
    ライスブランオイルは添加物素材を一切配合しておりません。

  5. 基本的には国産
    ほとんどのライスブランオイルは純国産です。
    (ただし、国産と書いていないライスブランオイルには海外のライスブランもはいっていることがあります)

Read more

優れた成分を持ったライスブランオイル(玄米油)

ぬかの恵みを最大限に利用しているライスブランオイル(玄米油)

人気が高まっている2つ目の理由は、
その優れた成分にあります。

一つ目の理由:おいしさ

三つ目の理由:安全性

 

f:id:ricebrankato:20170221105534p:plain


ライスブラン(米ぬか)にはまず、ビタミンEがたくさん含まれています。

スプーン1杯(14グラム)のライスブランオイルで
消費者庁が推奨する1日のビタミンE摂取量の約半分を補うことができます。

 

Read more