Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

健康食品・美容商品として注目される玄米油(こめ油)

玄米油(食用) 米ぬか(美容)

健康・美容においてライスブラン(米ぬか)が注目されていますが、
ライスブラン(米ぬか)を一番つかっている健康、美容商品は玄米油(こめ油)です。

 

玄米を白米に精米するときにでてくるライスブラン(米ぬか)に含まれている良質な油を抽出、精製することで玄米油(こめ油)となります。

 

一般に、食品用に使用するときは「米ぬか油」といわれ、化粧品用途に使用するときは「コメヌカ油」という名前で販売されています。

f:id:ricebrankato:20170219192054p:plain

 

日本では年間約6万トンの国産玄米油が製造されています。

この数量はなんとオリーブオイルの需要を上回っています。

 

f:id:ricebrankato:20170219191337p:plain

 

精製すると琥珀色(ゴールド色)した玄米油は

ポテトチップス、スナック菓子、せんべい、あられ、かりんとうなどの食品を製造するときに揚げ油として使用され、ほかの油よりカラッと揚げることができます。

 

また、学校給食でも多く使用されています。

 

最近はレストランやホテルでも使用が増えてきており、

豆乳製品ドレッシングなどにも抜群の相性を見せています。

 

日本の玄米油は品質に優れ、海外にも輸出が増えています。

 

 

今後も健康、美容に効果がある玄米油(こめ油)に注目していきましょう。